/

この記事は会員限定です

労働供給の余力、日本は先進国最低の6.1%

[有料会員限定]

労働供給の余力を示す指標を調べたところ、日本は先進国で最低レベルであることが分かった。雇用情勢の回復で就業希望者のほとんどが仕事に就けているといえるが、労働供給の「伸びしろ」は少ない。総務省が公表した2019年1~3月期の未活用労働率は6.1%だった。海外の未活用労働率は米国やドイツが8%程度、英国は10%程度だ。

未活用労働者とは仕事があってももっと働きたいと考えている人、求職活動はしていない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン