ラグビー

先端技術の「ショーケース」 ラグビーW杯(ルポ迫真)

2019/5/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)の公認キャンプ地、千葉県浦安市。4月中旬、トップリーグ所属のNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの本拠地「アークス浦安パーク」で、フォワードの須藤拓輝(27)はスーツを着てフィールドに立っていた。デジタル技術を使うスポーツのプレーや観戦の楽しみ方の向上策を巡り、企業や自治体の関係者らとアイデアを出し合うためだ。

「選手の視野の分析は」「仮想現実(VR)の活…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビー、トップリーグ(TL)の太田治チェアマンは2日、選手による薬物事件が続いたことを受けた再発防止の取り組みについて記者会見し、全選手を対象に抜き打ちの薬物検査を今後実施していく考えを明らかにし …続き (16:54)

 日本ラグビー協会は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月に開催する予定だった第57回日本選手権を中止すると発表した。森重隆会長は「大会史上初めて中止となることは大変残念だが、感染拡大防止のた …続き (14:40)

 ラグビーのイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ監督が2023年のワールドカップ(W杯)フランス大会まで契約延長する見通しであると1日、英BBC放送(電子版)が伝えた。現在は21年8月までの契 …続き (11:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]