日立副社長 鉄道事業「IoTで大型M&A」

2019/5/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所の鉄道部門トップ、アリステア・ドーマー副社長は日本経済新聞の取材に、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」分野で大規模なM&A(合併・買収)を検討していることを明らかにした。車両や信号など設備をきめ細かく管理して運行や点検・修理の精度を上げ収益力を高める。2020年代前半に同部門の売上高を1兆円と18年度より6割伸ばす。

ドーマー氏は4月に副社長に就いた。売上高1兆円の達成に向けて「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]