2019年6月27日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,851,900億円
  • 東証2部 70,166億円
  • ジャスダック 86,041億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率13.72倍13.28倍
株式益回り7.28%7.52%
配当利回り2.11% 2.11%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,338.17 +251.58
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,260 +210

[PR]

スクランブル

フォローする

中小型株も海外主導に 長期マネーが変える値動き
証券部 佐藤亜美

2019/5/21 17:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

相場全体の膠着感が強まる中、東証2部や新興市場といった中小型株市場で海外投資家の存在感が高まっている。世界景気の減速懸念が高まる局面で、内需中心の安定成長が見込める中小型株が買われるのはいつものこと。ただ、足元では少々異なる面もある。成長期待の高い銘柄に年金などの中長期マネーが向かっているのだ。個人投資家の短期売買が中心だった中小型株に変化の兆しが表れている。

21日に注目を集めたのはバイオベン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム