/

自民・西田氏「消費増税延期、党内で議論を」 党会合で発言

自民党の西田昌司参院国会対策委員長代行は21日の党役員連絡会で、10月に予定する消費税率10%への引き上げを巡り、実施延期を党内で議論すべきだと主張した。20日発表の1~3月期の国内総生産(GDP)速報値について「衝撃的な数字だ。縮小均衡で数値がプラスになったにすぎない」と指摘した。「増税できる状況ではない」と訴え、党内で議論するよう求めた。

二階俊博幹事長は21日の記者会見で「それぞれの受け止め方がある。参考にしたい」と述べるにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン