/

この記事は会員限定です

「米帝打倒」 強硬に転じた習氏の新たな政治運動

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

中国国家主席の習近平(シー・ジンピン)は5月20日、対米交渉の司令塔である副首相の劉鶴を伴って突如、革命の聖地を擁する江西省に現れた。今回の目的はスマートフォンや電気自動車の生産に欠かせない戦略部品、ネオジム磁石に関わるレアアース(希土類)加工工場の視察である。

「国際競争力のあるレアアース生産基地を建設しよう」。中国国営中央テレビは、習近平の背後にあるこんなスローガンを大写しにした。米大統領、ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン