2019年8月25日(日)

なぜ1回3300万円? 新薬「キムリア」 (スグ効くニュース解説)
矢野寿彦編集委員

スグ効くニュース解説
2019/5/23 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1回の投与で値段が約3300万円する新薬が登場したそうですね。一体どんな薬で、なぜそんなに高いのですか。

回答者:矢野寿彦編集委員 大手製薬会社のノバルティスファーマが開発した、がん治療薬「キムリア」です。従来の治療が効かなかった白血病などの患者を治します。国の中央社会保険医療協議会(中医協)が15日、薬の値段(薬価)を過去最高となる3349万円に決めました。22日に保険適用され、新しく使えるように…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。