/

パスワード無しでも クラウドに安全に接続

企業向けのセキュリティーサービスを手掛けるインターナショナルシステムリサーチ(東京・中野)は21日、パスワードを使わずに複数のクラウドに安全に接続するサービス「クラウドゲートウノ」を開始したと発表した。ネット認証の標準規格である「FIDO(ファイド)2」に対応し、利用者は認証のためにパスワードを入力する手間が省ける。メールやオフィスソフトなどのパブリッククラウドを利用し、安全な接続に悩む企業に提案する。

指紋認証用の端末をパソコンに接続して利用する。利用者が閲覧ソフト(ブラウザー)でマイクロソフトの「オフィス365」や米グーグルの「Gスイート」といったクラウドに接続しようとすると、クラウドゲートウノのサーバーが指紋認証を要求する。認証端末とブラウザーの間で情報をやり取りし、本人かどうかを確認。確認が取れるとブラウザーからクラウドゲートウノのサーバーに認証情報を送信する。その後、目的のクラウドをつながる。

利用者が認証端末を紛失しても、犯罪者に悪用される恐れは少ない。利用者の指紋データがなければネットにつながらないためだ。

利用料金は指紋認証の端末を2台借りる場合で利用者1人当たり月額1000円(税別)。企業が自前で認証の端末を用意するときは同500円。19年中に5万人、21年には50万人の利用を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン