2019年6月16日(日)

昨年度の改装投資5.8%増 出店より店舗の効率運営

小売り・外食
2019/5/21 10:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外食各社は人手不足が深刻化するなかで、省人化など既存店の効率化に向けた改装を急いでいる。2018年度の改装投資額は前年度比5.8%増の286億円になった。これまで出店拡大による成長を重視してきた外食業界だが、出店余地が狭まる中で既存の店舗網で収益を最大化する方法を模索している。

18年度の出店数は前年度比2.5%減の3433店と2年連続で前年を下回った。店舗運営に携わる人手の確保や集客に最適な立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報