2019年6月27日(木)

懸念は貿易戦争よりインフレ 米調査会社のレバノン氏
米経済この先

中国・台湾
北米
2019/5/21 3:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易摩擦が激化する一方、米景気は内需を中心に拡大を保っている。米景気の持続性について米調査会社コンファレンス・ボードの米国担当チーフエコノミストのギャド・レバノン氏に聞いた。

――米中貿易摩擦が米経済に与える影響は。

中国製品すべてに25%の関税がかけられれば、企業経営者の心理や株価に大きな影響を与える可能性がある。ただ、追加関税自体が米国の国内総生産(GDP)を直接下押しするのはせいぜい0.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報