2019年6月16日(日)

オキアミ使ったサプリ開発 宮城・気仙沼の水産加工団体

北海道・東北
2019/5/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県気仙沼市の水産加工業者などで構成する団体「気仙沼水産資源活用研究会」は、オキアミを活用したサプリメントを開発する。これまでホヤを使ったソースなどの調味料や化粧品を中心に開発してきた。健康食品を通して高齢者など新しい顧客を取り込む。オキアミの活用を通して、漁師の所得向上も狙う。

一日3~4粒を摂取するサプリメントを120粒入りで販売し、価格は一箱5千~6千円を予定している。試作品の生産をすで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報