/

この記事は会員限定です

ブルーコムブルー、需要予測にAI 業務負荷を軽減

[有料会員限定]

衣料品・雑貨販売のブルーコムブルー(富山県高岡市)は9月から需要予測に人工知能(AI)を活用する。数日間の売れ行きをもとに数カ月~半年後の予想販売量をはじき、仕入れに生かす。売上高の6割を占めるネット販売では人気商品は短い時間で売れ、欠品は機会損失につながる。予測の精度を高めて売り上げを増やすほか、仕入れ担当者の業務負荷を軽減する狙いもある。

同社は楽天ヤフーといった電子商取引(EC)サイト上で様々なブラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン