2019年9月16日(月)

裁判員制度10年 閉じた司法、市民の目で変わる
真相深層

2019/5/21 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

市民が刑事裁判に参加する裁判員制度の施行から21日で10年。裁判官、検察官、弁護士の「法曹ムラ」に一般の人の目が入り、裁判にメリハリや分かりやすさが求められるようになった。法廷の風景は一変し、日本の刑事司法に根付いていた慣行や文化にも着実に変化をもたらしている。

「量刑を決める際に重視すべき事情については、ポイントが3つあります」。5月中旬、東京地裁で開かれた強盗致傷事件の初公判で、検察官は法壇…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。