2019年6月16日(日)

新幹線車内でテロ想定訓練 G20控え、姫路駅

社会
2019/5/20 19:10
保存
共有
印刷
その他

6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に向け、JR西日本と兵庫県警は20日、山陽新幹線車内での刺傷事件や不審物が見つかるテロを想定した訓練を同県姫路市の姫路駅で実施した。約160人が参加し、狭い車内で犯人を制圧する手順を確認した。

姫路駅で行われた山陽新幹線車内でのテロを想定した訓練(20日、兵庫県姫路市)=共同

訓練は、乗客10人が刃物で刺されたと想定。盾や刺股を持った車掌2人が「落ち着いて」と呼び掛け、ナイフを振り回す犯人とにらみ合った。駆け付けた警察官が通路の両側から飛び掛かり取り押さえた。

救急隊員は倒れた乗客数人をホームに運び、治療の優先度を判定するトリアージを実施。また、機動隊の爆発物処理班は車内で見つかった不審物を運び出した。

JR西の担当者は「緊張感のある訓練ができた。危険物を持ち込ませないよう、車内巡回や警備の強化を進めたい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報