/

北陸~高知間に夜行バス 所要時間12時間、予約始まる

西日本ジェイアールバス(大阪市)は20日、北陸と高知を約12時間で結ぶ夜行バスを6月21日から1日1往復運行すると発表した。ジェイアール四国バス(高松市)と共同運行する。予約は運行日の1カ月と1日前からで、6月21日分は20日午前10時から予約を始めた。

運行する「北陸ドリーム四国号」は富山駅と高知駅を午後8時ごろ出発し、金沢駅、福井駅、徳島駅などを経由して翌日の午前8時20分ごろに目的地に到着する。バスは28人乗りの3列シート。普通運賃は富山駅から高知駅までで1万~1万7千円。9月30日までは席数限定で片道3千円のキャンペーン運賃を設ける。

西日本ジェイアールバスでは「他社のバス路線もなく、鉄道などでも移動に時間がかかる路線。高速バスの特性を生かし、多くの人に使ってもらいたい」として、乗り換えなしで安く都市間を移動できる高速バスの特性を生かし、両地域の交流活性化につなげたい考え。運行初日には金沢駅と高知駅で出発式を開く予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン