引退馬との交流施設 栗東市に完成 福祉プログラムも

2019/5/20 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

引退した競走馬のファンクラブを運営する日本サラブレッドコミュティクラブ(TCC Japan、滋賀県栗東市)が栗東市に建設していた引退馬と人との交流施設が完成した。引退競走馬を治療・再調教する日本初の「シェルター」を設置し、馬の第2の活躍の場を探すほか、馬を活用した福祉プログラムを手がけていく。

「TCCセラピーパーク」はJR草津線の石部駅から車で5分ほどの同市六地蔵に位置し、敷地面積は約2200…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]