紙幣の彫刻師、迫る出番 「現金大国」支える職人技

2019/5/21 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・日銀は2024年度に新しい1万円、5千円、千円の紙幣を流通させる。3次元(3D)のホログラムといった最新の偽造防止技術を採用するが、大本の原版は国立印刷局の専門職員が手作業で彫る。ほぼ20年に1度しかない紙幣刷新のために、技術を毎日磨き続けている。「現金大国」を陰から支える職人芸に迫った。

「彫刻師の顔は撮らないでください」。17日、印刷局が報道陣を対象に開いた東京工場の見学会。紙幣のデザ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]