/

この記事は会員限定です

GAFA規制で省庁対立 経産省、権限なく焦り

[有料会員限定]

プラットフォーマーと呼ばれる巨大なIT(情報技術)企業への規制の議論が、中央省庁の主導権争いを生んでいる。産業政策を所管する経済産業省が法的な権限を持たず、規制する法律にかかわる省庁が分散しているためだ。産業政策は規制と振興策の両輪があって機能する。霞が関がばらばらでは、デジタル経済を日本の成長に生かす戦略も定まらない。

政府で成長戦略を議論している未来投資会議の資料に見逃せない文章があった。「独...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン