/

この記事は会員限定です

ゴマ 3年ぶり高値 アフリカ産2割高、不作の懸念

[有料会員限定]

食品や油脂に使う原料ゴマの価格が上昇している。日本はほぼ全量を輸入しているが、主力のアフリカなどで不作の懸念があることに加え、インドなどが買い付けを増やしており世界的に需給が逼迫しているためだ。東京の大口取引価格は搾油用アフリカ産が約3年ぶりの高値となっている。ゴマ油大手などは値上げを打ち出しているが、再値上げも検討している。

世界でゴマの生産が多いのは、アフリカ、中南米、インドなど。日本は中国に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン