2019年6月19日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,333.87 +361.16
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,270 +360

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

日本郵政、大和証券Gに2%弱出資 提携関係を強化

金融機関
2019/5/20 17:01
保存
共有
印刷
その他

日本郵政大和証券グループ本社に出資していたことが20日分かった。3月末時点で発行済み株式の1.9%を保有する。両社は投資信託など資産形成分野での協業を検討するなど、業務面での関係を強化している。資本も持つことで、関係を強固にする狙いがある。

大和が20日に開示した定時株主総会の招集通知で明らかになった。開示資料によると、郵政は大和株を3000万株保有し、7位の株主になった。3月末の株価終値(539円)から単純計算すると、郵政は大和株の取得に約161億円投じたことになる。

日本郵政は大和との関係を深めている。大和は日本郵政グループの従業員持ち株会の事務を受託し、グループ3社の新規上場や株式売り出しで主幹事を務めている。5月15日には資産形成分野での協業を発表し「ファンドラップ」と呼ぶ金融サービスを共同開発すると発表したばかりだった。

収益源の多様化が急務である日本郵政にとっても、大和への出資を通じて証券ビジネスへの拡大が期待できる。日本郵政広報部は「先方と協議の上、株式を取得した。純投資ではない」としている。4月以降は買い進めていないという。

日本郵政はがん保険事業で提携する米保険大手アフラック・インコーポレーテッドとも同様の提携関係をとっている。4月から市場を通じてアフラック株の取得を始めた。大和は一連の提携にあたって郵政株は取得していないという。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム