2019年6月19日(水)

「間違いなく解散」と回顧 麻生氏、リーマンなければ

経済
政治
2019/5/20 15:20
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎副総理兼財務相は20日の衆院決算行政監視委員会で、2008年9月の首相就任時、取り沙汰された衆院解散・総選挙について「(米証券大手)リーマン・ブラザーズの破綻がなければ、間違いなく就任直後に解散していたと思う」と振り返った。

解散を見送った理由に関して「日本も解散すると世界中でリーダー(シップ)を取れるのがいなくなるので『日本だけは』という欧州側の要望があった」と紹介。その後、09年7月に解散したことについては「景気対策を最優先し、景気の底が抜けない段階までいったので解散させてもらった」と述べた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報