/

JTB、ABC、ドコモ 特産品の地域活性化で協業

JTB、料理教室のABCクッキングスタジオ(東京・千代田)とNTTドコモは、土地の特産品を生かして地域を盛り上げる「地域ブランド化サービス」を地方自治体向けに始めた。特産品の調査から魅力の発信、販路の拡大まで一気通貫で担う。1次産業をベースに新しい産業を生み出す農林漁業の「6次産業化」の促進や、観光の活性化につなげていく。

3社はまず地方自治体と意見交換しながら、対象となる特産品を選び、ABCクッキングスタジオが特産品を使ったオリジナルレシピを開発、料理教室を企画する。

JTBは料理教室を組み込んだインバウンド向けなどのツアーを企画、販売するほか、海外への通信販売を手がける。同社が運営する日本の農産物の越境EC(電子商取引)サイト「ジェイズアグリ」で特産品の販売を支援する。

NTTドコモは会員組織「dポイントクラブ」の会員向けサービスや運営する観光情報サイト「WOW!JAPAN」を通して特産品やツアーの魅力を広く発信する。

第1弾として、奈良県三郷町で取り組みを始める。特産品の黒豆や温泉イチゴ、メロンを生かして地域を盛り上げる。地域の特産品の事業化に課題を抱える自治体は多い。特産品を生かした地域活性化を総合的に支援する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン