/

この記事は会員限定です

日本の製造業、人権・環境重視に OECD指針受け厳しく

[有料会員限定]

電機や精密など日本の製造業が、原料や部品の調達先や取引先を含むサプライチェーン全体で人権、良好な労働、環境を守る体制づくりに乗り出した。経済協力開発機構(OECD)が2018年に新しい方針を示し、欧米では取り組みが不十分だと取引が打ち切られる可能性が出てきた。海外展開に影響が出ないように対策をとる必要が生じている。

OECDは18年、グローバル企業に人権、環境、雇用など幅広い分野で責任のある行動を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン