/

ブレーキない自転車、公道で運転 容疑の男逮捕

ブレーキのない「BMX」と呼ばれる競技用の自転車を公道で運転したとして、福岡県警中央署は20日、飲食店従業員の手塚康夫容疑者(35)=福岡市中央区舞鶴2=を道路交通法違反(制動装置不良)の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は4月27日午前11時ごろ、同市中央区舞鶴2近くの道路で前後輪にブレーキのない自転車を運転した疑い。

同署によると、手塚容疑者は4月18日、福岡・天神でBMXに乗っているところを警察官に見つかり、逃走。同容疑者がインターネット上に公開していたBMXを乗り回す画像などをもとに、同署は捜査を進めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン