2019年6月19日(水)

「3分の2」という逆説 2020年改憲へ首相再点火
編集委員 清水真人

憲法改正
「令和」新時代
政治アカデメイア
コラム(経済・政治)
政治
2019/5/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

令和になって首相の安倍晋三の憲法改正に向けた言動が再び熱を帯びてきた。2020年施行を目指す「気持ちに変わりはない」と表明。改憲の国会発議に必要な衆参両院で3分の2以上の勢力を維持する目的で、今夏の衆参同日選挙を探るとの観測すら広がる。この3年間も安倍の手に「3分の2」があるがゆえに主要野党が対決色を強め、国会の憲法論議は停滞してきた。この逆説を超えられるのか。

■26秒で終わった衆院憲法審

「2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報