「恋愛映画の要素すべて入れた」三池監督「初恋」上映
カンヌ映画祭リポート(4)

カバーストーリー
2019/5/20 17:00
保存
共有
印刷
その他

カンヌ国際映画祭は平日も週末も関係なく期間中は朝8時半から日付を越えるまで作品の上映が続く。17日には三池崇史監督の新作「初恋」が映画祭と並行して開かれている監督週間で公式上映された。

午前の回は開場の約2時間前から並ぶファンの姿もあり、800席の劇場は満席で入れない人もいた。上映中は大きな笑いや歓声が起こり、上映後に舞台あいさつで登壇した三池監督と俳優の小西桜子は大きな拍手で迎えられた。

本作…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]