2019年7月17日(水)

マンション室内で女性死亡 山形・東根、住人の医師か

2019/5/20 10:35
保存
共有
印刷
その他

19日午後5時50分ごろ、山形県東根市さくらんぼ駅前3のマンションの医師、矢口智恵美さん方で、女性が倒れているのを矢口さんの弟が見つけ110番した。女性は50代ぐらいで死亡が確認された。県警は殺人事件の可能性もあるとみて捜査。連絡の取れない矢口さんとみて遺体の身元確認を急ぐとともに、司法解剖して死因を調べる。

県警などによると、矢口さんは同県村山市の「矢口眼科クリニック」院長。マンションは6階建てでクリニックと約5キロ離れており、2階の部屋に1人暮らししていた。弟は、もともと訪問する予定があったという。

同クリニックの山下和芳事務長(53)によると、矢口さんは18日は出勤し、夜はスタッフの歓迎会に出席。午後10時半ごろ、矢口さんから「携帯を無くした」と山下さんに連絡があった。19日は休診だった。

現場はJR奥羽線さくらんぼ東根駅の近くで、飲食店やビジネスホテル、住宅などが立ち並ぶエリア。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。