2019年6月20日(木)

未来は起業家精神 好奇心で創る! 高原豪久 ユニ・チャーム社長

経営者ブログ
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2019/5/23 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今から15年ほど前になりますが、元NTTドコモ会長の大星公二氏をお招きして幹部向けに「経営者の資質養成と自助努力」というテーマでお話を伺いました。

NTTグループの携帯電話事業会社であるドコモを今日のような立派な会社に育て上げた中興の祖である大星氏。その創造力と洞察力に富み、緻密でありながら楽天的、そして大胆不敵さと勇気をもつ氏を「正真正銘の起業家だ!」と評価する方が大変多いと思います。

しかし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

尽くし続けてこそナンバーワン[有料会員限定]

2019/5/9 4:30
高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

「正直者は馬鹿を見ない!」組織作り[有料会員限定]

2019/4/18 6:30
高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

「7打数1安打」で終わっていいのか[有料会員限定]

2019/4/4 6:30
高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

マツタケは1000人の股をくぐる[有料会員限定]

2019/3/21 6:30

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報