/

この記事は会員限定です

小売業、ポイントか商人の矜持か 相次ぐ駆け込み減資

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

10月の消費税率引き上げを控えて中堅の百貨店やスーパーなどで首を傾(かし)げたくなる戦略が散見されている。「駆け込み消費」ならぬ「駆け込み減資」だ。信用調査会社などによると50社超が減資を実施または計画。なかには100年超の歴史を誇る老舗もある。ポイント還元支援など政府の消費増税対策が受けられる中小企業に自ら"格下げ"したのだ。

今回、減資を決めた小売業の大半が資本金を5000万円までにした。中小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン