2019年6月18日(火)
速報 > 人事 > 記事

あいおいニッセイ同和、鈴木氏が会長に

金融機関
2019/5/20 1:31
保存
共有
印刷
その他

あいおいニッセイ同和損害保険は、会長に鈴木久仁副会長(68)が昇格する人事を固めた。トヨタ自動車出身の伊地知隆彦会長(66)は退任する。同社は歴史的にトヨタ自動車との関係が深く、幹部陣にトヨタ出身者を招いてきた。鈴木氏の会長就任により、2010年の会社設立以来、トヨタ出身者が初めて会長職から外れる。

20日の取締役会で正式に決め、6月の定時株主総会を経て交代する見通し。金杉恭三社長(62)は続投する。鈴木氏は10~16年に同社社長を務めた。同社と三井住友海上火災保険でつくるMS&ADインシュアランスグループホールディングスの会長も務めている。

あいおいニッセイ同和の前身の一つ、千代田火災海上保険はトヨタ系で、トヨタは今もMS&ADの筆頭株主。伊地知氏以外のトヨタ出身幹部は社外取締役1人のほか、複数の執行役員がいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報