2019年6月17日(月)

防衛装備で官民対話 政府と経団連 新領域や将来戦闘機に対応

政治
2019/5/20 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は防衛装備品の研究開発、調達に関する官民対話の枠組みを2019年度中にも設置する方針だ。18年末に閣議決定した防衛大綱と中期防衛力整備計画(中期防)に沿って、宇宙やサイバーなど新領域での防衛力強化でも経済界と幅広く連携し、国内の技術や開発力を引き上げる。政府が早期開発を目指す日本主導の「将来戦闘機」の設計を促進する狙いもある。

経団連が4月にまとめた提言には、防衛装備品の契約制度に関する協議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報