2019年6月20日(木)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

実力覚醒のサヨナラバーディー、イ・ミニョン 女子ゴルフ

2019/5/19 17:15
保存
共有
印刷
その他

18番グリーン、3メートルのバーディーパットにのぞむイ・ミニョンの目の前で同じ最終組で回った申ジエが5メートルのバーディーパットを豪快に決めて、派手にガッツポーズを繰り出した。先にホールアウトしていた上田と申ジエにスコアで並ばれ、これを外せば3人プレーオフに持ち込まれてしまう、なかなか難しいパットが残った。

【イ・ミニョンが優勝、上田ら2位 ほけんの窓口女子ゴルフ】

最終日、18番でバーディーパットを沈めるイ・ミニョン=共同

最終日、18番でバーディーパットを沈めるイ・ミニョン=共同

「フックしてスライス? 複雑でわからなかった。キャディーが確信を持ってラインを言ってくれたので助かった」。決勝の「サヨナラバーディー」を決めた瞬間の心境は、と聞くと、腕をさすりながら「トリ……」と言って笑った。鳥肌ものということらしい。

ドライビングアイアンでしっかりとしたライン出しを駆使するフェードヒッター。日本ツアー参戦1年目の2017年に2勝して賞金ランクも鈴木愛に次ぐ2位、昨季も開幕戦を制したことで「慢心が出た」とは本人の弁。腰痛も出て練習もそこそこだった昨季の反省の上に立ち、今季は「日本の選手を見習ってしっかりと練習している」。今大会まで出場8戦中5戦でトップ10入りと安定した成績を収めていた。

過去2年、鈴木が守ってきた優勝杯は3季ぶりに外国勢の手にわたった。しかも日本での通算獲得賞金が3年目で2億円を突破したとびきりの実力者の覚醒だ。黄金世代といえども相当頑張らないと張り合うのさえ難しい。(串田孝義)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

全米女子プロ選手権に向けプロアマ戦で調整する畑岡奈紗(18日、ヘーゼルティンナショナルGC)=共同

 【チャスカ(米ミネソタ州)=共同】女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は20日にミネソタ州チャスカのヘーゼルティンナショナルGCで開幕する。昨年はプレーオフで敗れて2位だった20歳の畑岡奈 …続き (19日 18:28)

 女子ゴルフの17日付世界ランキングが発表され、畑岡奈紗は前週から一つ上げて6位となった。日本ツアーの宮里藍サントリー・レディースを制した鈴木愛は三つ上げて25位。比嘉真美子は39位、勝みなみは47位 …続き (18日 10:55)

 男子ゴルフの16日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は29位から28位に浮上した。今平周吾は72位、小平智は88位。
 1位ブルックス・ケプカ、2位ダスティン・ジョンソン(ともに米国)は変わらず …続き (17日 16:25)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]