2019年7月19日(金)

司法予備試験がスタート 合格発表は11月7日

2019/5/19 15:37
保存
共有
印刷
その他

法科大学院を修了しなくても司法試験の受験資格が得られる予備試験が19日、全国7都市の9会場で始まった。出願者数は昨年より748人増の1万4494人で、法曹への近道として人気を堅持している。合格発表は11月7日で、昨年の合格率は3.89%。

予備試験は経済的理由で法科大学院に通えない人などを想定して導入され、受験資格に制限がない。昨年の司法試験では、合格者1525人のうち336人が予備試験通過者だった。合格率は77.60%で、人数も合格率も過去最高だった。

法科大学院離れに歯止めをかけるため、法曹養成制度に関する改正法案が、今国会で審議中。法学部を3年間で早期卒業するなどして大学院に進むことが可能となり、司法試験受験までの期間が短縮される。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。