2019年6月18日(火)

箱根山、噴火警戒レベル2に引き上げ 火山性地震増加

社会
2019/5/19 6:39 (2019/5/19 12:36更新)
保存
共有
印刷
その他

箱根山の警戒レベルが2になったのは2015年以来(大涌谷、2018年3月撮影)

箱根山の警戒レベルが2になったのは2015年以来(大涌谷、2018年3月撮影)

気象庁は19日、神奈川県の箱根山で18日から火山性地震が急増し、火山活動が高まっているとして「火口周辺警報」を発表し、噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げた。大涌谷の想定火口域内では飛散する大きな噴石に警戒が必要になる。

箱根山の警戒レベルが2になるのは2015年以来。この際はごく小規模な噴火も発生し、住民や観光客の安全確保のため一時は3の「入山規制」まで引き上げられた。

気象庁によると、箱根山では18日午前5時ごろから芦ノ湖西岸や駒ケ岳付近を震源とする火山性地震が発生し始め、18日に45回、19日は午前9時までに21回観測された。17日は0回だった。想定火口域内では活発な噴気活動が続いており、地殻変動観測(GNSS)の結果からも噴火する恐れがあると判断したという。気象庁は19日、専門職員らの機動調査班を現地に出し、調査する方針。

箱根町はレベル2への引き上げを受け、火口周辺の終日立ち入り規制を決定。大涌谷につながる県道はこれまでの夜間通行止めから終日通行止めに対策を強化した。大涌谷周辺を通る「箱根ロープウェイ」は19日の終日全線運休を決めた。大涌谷に乗り入れる路線バスを運行する「伊豆箱根バス」はルートを通行止め区間以外に変更した。

▼箱根山 東西約8キロ、南北約12キロのカルデラ火山の総称。気象庁が火山活動を24時間体制で監視する「常時観測火山」の一つ。噴火警戒レベルは2009年3月31日に導入された。土石流や群発地震、噴火の活発化、山の膨張を示す地殻変動が観測される。主峰の神山(1438メートル)では約3千年前にマグマ噴火が発生し、溶岩ドームが冠ケ岳を形成した。この際、斜面が大きく崩れる「山体崩壊」が起き、堆積物がカルデラ内の川を埋めて芦ノ湖が現在の形になった。15年には火山活動の高まりから噴火警戒レベルが段階的に3の「入山規制」まで引き上げられたことがある。多くの観光客が訪れる温泉地としても知られる。

〔共同〕

【関連記事】
火山変調つかめても… 噴火予知の高い壁(2015年)
噴火の予知を目指せ 箱根の群発地震前、噴気に異変(2015年)
噴火乗り越え、箱根再興 横浜・鎌倉にもにぎわい
大涌谷噴火で見えた 小田原・箱根、自立経済への課題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報