スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井上尚、ロドリゲスに2回TKO勝ち WBSS決勝へ

2019/5/19 5:58
保存
共有
印刷
その他

【グラスゴー(英国)=山口大介】ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント準決勝が18日、英国グラスゴーで行われ、世界ボクシング協会(WBA)同級王者の井上尚弥(大橋)が国際ボクシング連盟(IBF)同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下した。井上尚はWBSS決勝進出を決めるとともに、IBF王座も獲得した。

【関連記事】2回TKO勝ちの井上尚弥「余裕あった」 一問一答

井上尚はWBSS決勝進出を決めるとともに、IBF王座も獲得した(18日、グラスゴー)=AP

井上尚はWBSS決勝進出を決めるとともに、IBF王座も獲得した(18日、グラスゴー)=AP

年内に開催が予定される決勝戦では、WBAスーパー王者で5階級制覇を達成しているノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する。

井上尚は初回、ロドリゲスにプレッシャーをかけられてロープを背負う時間が続いたが、2回に左フックを顔面に当てて最初のダウンを奪った。その後、ボディーブローで2度のダウンを追加すると、レフェリーが試合を止めた。

リング上のインタビューで井上尚は「常に平常心で戦おうという気持ちで英国に乗り込んできた。その通り今夜はいいパフォーマンスができてホッとしている」と喜びを語った。

試合はロドリゲスが持つIBF王座に井上尚が挑戦する形で行われた。ただ、井上の王座防衛も認められるもようで、WBA王座は2度目の防衛となる。

26歳の井上尚は戦績を18戦全勝(16KO)に伸ばすとともに、キャリア4つ目の世界タイトル獲得。国内出身選手が2本のベルトを同時に保持するのは、ミニマム級の井岡一翔と高山勝成、ライトフライ級の田口良一に次いで4人目となる。欧州で行われた世界タイトルマッチで国内出身選手が勝利するのは初めて。

2度目の防衛に失敗したロドリゲスはプロ20戦目で初黒星を喫し、19勝(12KO)1敗となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

米国選手(左)と対戦する須崎優衣(17日、成田市体育館)=共同

 レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップ最終日は17日、千葉県の成田市体育館で順位決定戦が行われ、日本は決勝で米国を7―3で下し、5大会連続11度目の優勝を果たした。
 各チーム10階級で対戦する団 …続き (17日 17:08)

井上尚弥=共同

 米国の老舗専門誌「ザ・リング」は16日、ボクシングの全階級を通じた「最強ランキング」の「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を更新し、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級を …続き (17日 15:17)

 現役引退の意向だったレスリング女子の2016年リオデジャネイロ五輪75キロ級代表、渡利璃穏(28)=アイシンAW=が引退を正式表明した。悪性リンパ腫(血液のがん)から復帰した渡利は所属先の公式サイト …続き (16日 23:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]