/

この記事は会員限定です

事業承継税制、条件緩和から1年 中小企業の利用進む

[有料会員限定]

中小企業向けの「事業承継税制」の利用が増えてきた。事業を次世代に引き継ぐ際の税負担を軽くする制度で、1年前に利用条件を緩和した効果が表れている。中小企業で深刻になっている廃業対策で一定の効果が期待できる半面、後継者難の問題は続く。日本経済を支える中小企業の裾野を維持する課題は多い。

中小企業で事業承継をしようとすると、現経営者の生前なら贈与税、死後なら相続税がかかる。事業承継税制では、会社の新しい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン