事業承継税制、条件緩和から1年 中小企業の利用進む

2019/5/19 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小企業向けの「事業承継税制」の利用が増えてきた。事業を次世代に引き継ぐ際の税負担を軽くする制度で、1年前に利用条件を緩和した効果が表れている。中小企業で深刻になっている廃業対策で一定の効果が期待できる半面、後継者難の問題は続く。日本経済を支える中小企業の裾野を維持する課題は多い。

中小企業で事業承継をしようとすると、現経営者の生前なら贈与税、死後なら相続税がかかる。事業承継税制では、会社の新し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]