/

この記事は会員限定です

[社説]裁判への「市民参加」促す取り組み強化を

[有料会員限定]

刑事裁判に市民が参加する裁判員制度が始まって、21日で10年を迎える。2019年3月までに約1万2千件の裁判員裁判が開かれ、約9万1千人が裁判員や補充裁判員として審理に加わった。

裁判員制度は裁判官、検察官、弁護士の法曹三者だけで完結していた刑事裁判の世界に一般の国民を招き入れ、市民の視点や感覚を反映させるために導入された。

捜査段階の調書を重視していた刑事裁判は、「市民に分かりやすい」を実現する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン