2019年6月20日(木)

[社説]公正・透明で生産性高める「同一賃金」に

2019/5/18 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

正社員と非正規社員の不合理な待遇差を禁じる「同一労働同一賃金」制度が2020年4月に始まる。企業は十分な準備が要る。

重要なのは新制度を機に公正な賃金制度をつくり、働き手の生産性の向上につなげることだ。非正規社員の処遇改善は企業にとって人件費増の要因になるが、そのコスト増を吸収して余りある効果を出す改革が求められる。

同一労働同一賃金は政府が進める働き方改革の柱の一つだ。同じ企業のなかで仕事をし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報