/

この記事は会員限定です

[社説]公正・透明で生産性高める「同一賃金」に

[有料会員限定]

正社員と非正規社員の不合理な待遇差を禁じる「同一労働同一賃金」制度が2020年4月に始まる。企業は十分な準備が要る。

重要なのは新制度を機に公正な賃金制度をつくり、働き手の生産性の向上につなげることだ。非正規社員の処遇改善は企業にとって人件費増の要因になるが、そのコスト増を吸収して余りある効果を出す改革が求められる。

同一労働同一賃金は政府が進める働き方改革の柱の一つだ。同じ企業のなかで仕事をして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン