/

この記事は会員限定です

[社説]高額薬の価値しっかり検証を

[有料会員限定]

新しい白血病治療薬の公定価格(薬価)が1回あたり3349万円に決まった。医療保険でカバーされ患者負担は数十万円ですむ。高額薬が増えれば公的な医療保険財政を圧迫する。価格に見合う価値があるか常に検証が必要だ。

この薬はスイスの製薬大手ノバルティスの「キムリア」で、既存の治療法で治らない患者にも効果的だとされる。欧米の4千万~5千万円程度に比べ、日本の価格はやや低めとなった。

キムリアは患者に1回だけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン