2019年6月27日(木)

花回廊でばらまつり始まる 鳥取、皇室ゆかりの品種も

関西
2019/5/18 16:56
保存
共有
印刷
その他

鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で18日、恒例の「ばらまつり」が始まった。皇室ゆかりの名前が付いた「プリンセスミチコ」や「マサコ」、「プリンセスアイコ」といった品種が来園者の注目を集めていた。約190品種、約千株が順次見ごろを迎える。6月2日まで。

とっとり花回廊で咲き誇る皇室ゆかりのバラ「マサコ」(18日、鳥取県南部町)=共同

バラ園では、オレンジ色の大輪「モナリザ」や深紅のつるバラ「シンパシー」の柔らかな花びらが、枝葉を覆うほどに広がり、香りに誘われたチョウが舞う光景も。花回廊の関係者によると、18日時点で二分咲き。今月下旬が最も見ごろになる。

岡山県倉敷市の会社員(50)は「つるバラがよく香っている。散策を楽しみたい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報