/

この記事は会員限定です

新冷戦は終わらない 米中衝突、日本株の行方は

[有料会員限定]

5月の連休明け。UBSの東京拠点で日本株調査を担当する居林通氏にスイスの本社から指示が入った。「米中貿易の関税が25%に、日米の一部の関税が20%に引き上げられれば影響はどうなるか」──。

居林氏は急きょ最悪シナリオを書き出し、調査チームと共有。メーンシナリオは「日経平均株価が6月に2万1000円で底入れ」だが、仮に最悪シナリオが実現すれば底割れも視野に入る。国内大手運用会社で資産配分ファンドを運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン