2019年6月16日(日)

6/16 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  2. 2位: AIで学習ペース配分 学習塾ドゥクエストがアプリ[有料会員限定]
  3. 3位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]
  4. 4位: 消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下[有料会員限定]
  5. 5位: 社債、マイナス利回り 再び シングルAでも売買成立[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,116.89 +84.89
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

日経ヴェリタスセレクト

フォローする

新冷戦は終わらない 米中衝突、日本株の行方は

貿易摩擦
2019/5/22 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5月の連休明け。UBSの東京拠点で日本株調査を担当する居林通氏にスイスの本社から指示が入った。「米中貿易の関税が25%に、日米の一部の関税が20%に引き上げられれば影響はどうなるか」──。

居林氏は急きょ最悪シナリオを書き出し、調査チームと共有。メーンシナリオは「日経平均株価が6月に2万1000円で底入れ」だが、仮に最悪シナリオが実現すれば底割れも視野に入る。国内大手運用会社で資産配分ファンドを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップマーケットトップ

日経ヴェリタスセレクト 一覧

フォローする

読まれたコラム