2019年6月19日(水)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月19日 150.568 +0.172

[PR]

商品ニュース

木の芽 サンショウの若芽、春の彩り(彩時季)

サービス・食品
コラム(社会)
2019/5/18 12:49
保存
共有
印刷
その他

日本料理の薬味やあしらいに重宝される木の芽が旬を迎えている。食欲を誘う爽やかな香りが印象的な木の芽は、サンショウの若芽。ミカン科の落葉樹で、実がつくだ煮や煮物などに使われる。

日本全土に自生している。果実はピリッとした辛みが特徴だが、木の芽に辛みはなく、主に香りを楽しむ。手のひらにのせて軽くたたくと葉の上の「油点」が壊れ、油とともにより香りが立つ。春の味覚の代表であるタケノコの若竹煮に添えると彩りを加えてくれる。すりこぎですって白味噌とあえた木の芽味噌は春の香りと色を存分に楽しめる。

最近はハウス栽培で一年を通して栽培される。ピンセットで1枚ずつ収穫し、容器に並べる。購入する際はきれいな緑色をしていて、黒ずんでいないものを選ぶとよい。湿らせたキッチンペーパーに包んでビニール袋に入れて保存すると長持ちする。鮮度が重要なため、産地は都市近郊が多い。都内のスーパーでは1パック198円と前年並みの価格で並ぶ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム