/

昭和世代は手作り派 食の意識、安全性に関心高く

昭和生まれの方が、平成生まれより手作りの機会が多い――。農林中央金庫(農林中金)が今回の改元に合わせて20代と40代、60代の男女を対象に「食」をテーマに調査した結果、こんな傾向が浮き彫りになった。食の安全についていずれの世代も7割以上が関心を示す中、「なるべく手作りする」「国産の食材をなるべく利用する」との回答は40代、60代で20代よりも30ポイント近く多かった。

調査は昭和世代と平成世代の「食への意識」の差を調べようと3月に実施。首都圏に住む20代と40代、60代の男女計400人から回答を得た。

食の安全に「関心がある」とした人は20代で73.7%、40代で86.5%、60代で90.3%だった。具体的な行動に関する質問で「なるべく手作りする」とした人は20代が24.1%だったが、40代は57.9%、60代で56.0%と差がついた。

「なるべく国産の食材を利用する」は20代が21.8%だったのに対し、40代が51.1%、60代が63.4%に上った。

農林中金の担当者は「昭和世代の方が、外食よりも手作りの食事に親しみを感じるのでは」としている。

一方、食品ロスの意識に関しては、食事を「いつも残す」「時々残す」が20代は37.6%、40代は31.6%、60代は30.6%となり世代間で大きな差はなかった。食品を残すことには全体の66.8%が「もったいない」と回答。60代は「堆肥などに利用したい」「健康のために仕方がない」といった回答が目立った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン