御朱印ブームでマナー違反増加 一部で配布取りやめも

2019/5/18 11:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神社や寺院を参拝した証しとなる「御朱印」が人気を集める中で、マナー違反ともいえる行為が相次いでいる。受け取りを待つ際に寺社側にいらだちをぶつけたり、希少価値のある日付の御朱印を入手した人の一部が高額で転売したりする例が目立つ。こうした状況を問題視し、長年続いた御朱印の配布を中止する動きも出てきた。

「せっかくの特別な御朱印がもらえないとは」。17日に三社祭が始まり、多くの客でにぎわう浅草神社(東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]