2019年6月19日(水)

トヨタ「輸入車規制は逆効果」 トランプ氏に反論

自動車・機械
北米
2019/5/18 7:10
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】トヨタ自動車は17日、輸入車の増加を「国家安全保障上の脅威」などと指摘したトランプ米大統領の声明に対し「米国の消費者と労働者、自動車産業にとって大きな後退だ」と反論した。米国経済や雇用への貢献を訴え、「輸入車への規制は逆効果だ」と主張した。

トヨタの米国法人がコメントを出した。同社が60年以上にわたって米国に根付き、工場や販売店で50万人近い雇用を生んでいると主張。「今日の声明から、トヨタの米国への投資や従業員の貢献が評価されていないというメッセージを受け取った」と不満を表明した。トヨタが米政権を批判するのは珍しい。

トランプ大統領は同日、日本車を含む輸入車への追加関税の判断を180日延長することを決めた。一方で自動車の輸入増を「国家安全保障上の脅威だ」と指摘し、期限内に合意できなければ「追加措置を取る」とした。

トヨタの豊田章男社長は3月にワシントンDCで講演し「(日本車が)安全保障上の脅威と言われるのは悲しい。どの国でつくろうと『メード・バイ・トヨタ』に変わりない」などと語っていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報