2019年6月25日(火)

ロシア、1~3月0.5%成長 減速鮮明に

ヨーロッパ
2019/5/18 0:10
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシア連邦統計局は17日、2019年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値が実質ベースで前年同期比0.5%増えたと発表した。投資、消費ともに振るわず、18年10~12月期の同2.7%から急縮小した。19年通年でも1%台にとどまる見通しで、減速が鮮明になっている。

ロシア中銀は2019年通年の実質GDP成長率を1%台と予測する=ロイター

1~3月期は国主導の大型事業が乏しく、18年に成長率を押し上げた建設業や鉱業で伸びが鈍って投資が減退した。消費税にあたる付加価値税(VAT)の税率が1月に18%から20%に上がり、消費も伸び悩んだ。

ロシア中央銀行は19年通年の成長率を1.2~1.7%と予測している。19年後半にかけて新たな国家事業が始まり、増税による悪影響も軽減するとみている。18年は2.3%だった。

インタファクス通信によると、四半期ベースの実質成長率が0.5%前後まで下がるのは17年10~12月期(0.3%)以来となる。発表された数値は事前の経済発展省(0.8%)や中央銀行(1~1.5%)による見通しも下回った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報