2019年6月17日(月)

プロ野球

バックの美技・後輩に刺激 ロッテ・二木7回無失点

2019/5/17 23:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「(相手の)チャンスが、一気にチェンジになって助けられた。あとは(自分で)絶対に抑えてやろう、と」。7回無失点で、チーム勝ち頭の4勝目を挙げたロッテ・二木が振り返ったのは四回のビッグプレーだ。

1死から連打を浴び、一、二塁。六番銀次のライナーは左中間に落ちそうだったが中堅・荻野がダイブして好捕。二塁走者の島内が安打と決め込んで、三塁を回ったのも責められない、というほどの美技で併殺とした。

「後ろ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた巨人・菅野(16日、札幌ドーム)=共同

【オリックス5―5阪神】阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡ん …続き (16日 19:07更新)

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]