/

この記事は会員限定です

北陸、新時代へ離陸 広がる交流圏

[有料会員限定]

令和の時代を迎えた北陸経済が新たな成長のステージに立つ。クルーズ船の寄港増加や国際定期便の新規就航で交流人口が拡大。北陸新幹線の敦賀への延伸開業を4年後に控え、観光資源の磨き上げが進む。製造業の生産や設備投資は高水準を保ち、独自技術で新市場を開拓する企業も育っている。

客船寄港や新幹線延伸 医療など新市場開拓へ

4月23日、英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」が約2千人を乗せ、金沢市の金沢港に初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り7253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン