/

この記事は会員限定です

再生エネの出力抑制 東電が千葉で要請検討

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスは17日、太陽光や風力、火力発電などを新規に千葉県の送電線につなぐ事業者に対し、一時的に出力の抑制を要請する検討に入ったと発表した。千葉県の送電線の空き容量が足りないため。送電線の空き容量の問題での実施検討は国内で初めてのもよう。送電線の容量不足は全国的な課題で、今後、広がる可能性がある。

送配電事業を担う東京電力パワーグリッドが国などと協議を始める。再生エネの出力制御では、九州で電力の供給過剰を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン