2019年6月25日(火)

再生エネの出力抑制 東電が千葉で要請検討

環境エネ・素材
2019/5/17 21:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスは17日、太陽光や風力、火力発電などを新規に千葉県の送電線につなぐ事業者に対し、一時的に出力の抑制を要請する検討に入ったと発表した。千葉県の送電線の空き容量が足りないため。送電線の空き容量の問題での実施検討は国内で初めてのもよう。送電線の容量不足は全国的な課題で、今後、広がる可能性がある。

送配電事業を担う東京電力パワーグリッドが国などと協議を始める。再生エネの出力制御で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報