/

この記事は会員限定です

外国株投信、流出最大1900億円

4月、個人がリスク回避強める

[有料会員限定]

投資信託から資金が流出している。投資信託協会が17日に発表した4月の投信概況によると公募投資信託(上場投資信託=ETF=を除く)は6125億円の純流出となった。2年4カ月ぶりの規模だ。18年末にかけて世界的な株安が響いて個人投資家がリスク回避の姿勢を強めたためだ。外国株で運用する投信からの流出が目立ち、三菱アセット・ブレインズ(東京・港)の調べでは純流出額は1918億円とデータがある1997年以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン